おおむた市民オンブズマンBLOG

大牟田市の有志が集まってさまざまな活動をしている、 おおむた市民オンブズマンです。

07月« 2012年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

ネイブルランド跡地3関する改めての質問(市の回答)3

3. 平成23年11月3日に帝京大学の冲永佳史理事長が大牟田市を
 初訪問し、協力要請したと聞いています。ところで、この議会
 招集は10月30日に公示されています。すなわち、大学側から協
 力要請がまだない段階で市議会が招集されたことになります。
  そこで、どのような経過で臨時市議会を招集することになっ
 たのか、その説明を求めます。

(回答)
  平成23年9月15日、帝京大学の冲永理事長が福岡県知事を訪問
 され、福岡県及び本市に対し、帝京大学福岡医療技術学部内に学
 科新設のための設置準備会を発足し、本市内において、平成25年
 4月の新学科を開設するとの表明が行われました。
  これを受け、帝京大学と協議を進める中で、帝京大学から本市
 に対しまして、岬町のネイブルランド跡地において、平成25年4月
 の新学科の開設を実現するため、平成24年3月から校舎建設工事を
 着工したい旨が示されました。
  本市としては、平成25年4月の新学科の開設のためには、まず早 
 急なネイブルランド跡地の建物解体及び整地が必要となったことか
 ら、平成23年11月7日の臨時議会の招集をお願いしたものです。
  なお、平成23年11月3日に帝京大学の冲永理事長が本市を訪問さ
 れた際には、新たに開設する学科については、看護学科、診療放
 射線学科及び医療技術学科の3学科とし、3学科を合わせた1学年の
 定員を220名とする予定であるとの説明がなされ、併せて、本市に
 対し、新学科開設予定地の提供及び開学スケジュールに合わせた立
 地基盤の整備等の協力が要請されたものです。
スポンサーサイト

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済