おおむた市民オンブズマンBLOG

大牟田市の有志が集まってさまざまな活動をしている、 おおむた市民オンブズマンです。

12月« 2013年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月

RDF方式によるごみ処理について(お尋ね)

 平成14年末に稼働を始めたRDF製造・流動床式燃焼による
ゴミ処理方は、早くも10年が経過しようとしています。
 当初のころは事故が多発し、その技術的な未熟性を露呈した
うえ、運営上の事故から死者を出すなど、大牟田市民の不安を
かきたてました。
 さらに、RDF方式は他の方式に比べて2倍にも高価なもので
あると指摘されており、私たちは税金のムダ遣いではないかと考
えています。そのうえ、参加自治体の中で2つの組合(菊池・阿
蘇)が平成29年度に脱退する意向を表明しています。ますます経
営が困難となり、大牟田市民の負担か増大するのではないでしょ
うか。
 そこで、次の点についてお尋ねします。

1 RDF処理方式を平成30年度以降も引き続き継続する考えな
  のでしょうか。それともRDF方式でない方式を検討されて
  いるのでしょうか。

2 人口の減少、ゴミ分別の徹底など、ゴミは全体として減少が予
  想されると思われますが、その点につては具体的にどのような
  予測を立てておられますか。

3 前項の予測にもとづき、ゴミ処理方式をどうしようとしておら
  れるのか具体的にお尋ねします。
スポンサーサイト

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済