おおむた市民オンブズマンBLOG

大牟田市の有志が集まってさまざまな活動をしている、 おおむた市民オンブズマンです。

06月« 2014年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

人口減見据えた計画を

  再開発公聴会
   都市計画原案で市民意見
 新栄町駅前再開発事業と都市計画原案の
縦覧で、市民から意見の申し出が一件あった
ため、大牟田市は、労働福祉会館で公聴会を開催。
「大牟田のような中小都市で高層マンションは収支
が難しい。人口が減少していくのを見据えた再開発
計画を作ってほしい」との意見があった。
 新栄町駅前地区の権利者が再開発準備組合(下
川健理事長)を立ち上げ、いわゆる駅前地区の約1.5
haの再開発事業を提案している。
 そこで市が事業実施に必要な都市計画決定手続き
を進めるため、高度利用地区の都市計画原案を縦覧。
公聴会後に市が原案策定し、市都市計画審議会で
審議し決定を経て年末には告示する予定。
 3ha以下の再開発事業の場合は、政令により市の
都計審で決定できる。福岡県とは再開発事業の協議
を進め、補助金については県へ要望するという。
 準備組合は、一般業務代行について今月二日に、
選考委員会を開催し候補業者を決めており、臨時総会
で正式に決定する予定。
 応募がなかった事業協力者についても今月中に再
募集し、同じく選考委員会で候補事業者を選び、同じく
臨時総会で決めたい考え。
スポンサーサイト